[新聞]明治公司回收40萬罐含銫奶粉

E002792H_L.jpg  

 

食品大廠「明治」所販售的「明治step」奶粉,

於12月6日驗出一公斤中最多含有30.8貝克的銫。

至於鍶為何會摻入奶粉的詳細情況仍未調查出來,

但明治公司認為是東京電力公司福島電廠核能事故所致。

 

據日本厚生勞動省,這是地震後首次再奶粉中驗出銫。

 

明治公司打算無條件回收40萬罐的奶粉,

雖然數值低於國家所訂定的暫定基準值(一公斤中含有200貝克),

但有人擔心幼兒較容易接受到輻射影響,

因此厚生勞動省打算研議「幼兒食品」用的標準值。

 

明治表示,驗出銫的產品是

食用期限為2012年10月4日、21日、22日、24日的該產品。

日期有標註在罐底。

明治公司市佔率為40%,是目前國內最大間的奶粉公司。


新聞出處:http://www.sponichi.co.jp/society/news/2011/12/06/kiji/K20111206002186670.html

圖片出處:http://ameblo.jp/souldenight/archive4-1-201112.html

 

原文如下;


食品大手の明治(東京)が製造、販売する粉ミルク「明治ステップ」から、

最大で1キログラム当たり30・8ベクレルの放射性セシウムが検出されたことが6日、同社の調査で分かった。

詳しい混入経緯は不明だが、同社は東京電力福島第1原発事故に伴うものとみている。

厚生労働省によると、原発事故後に粉ミルクからセシウムが検出されたのは初めて。

明治は約40万缶を対象に、無償交換する方針。

国が定める粉ミルクの暫定 基準値(1キログラム当たり200ベクレル)は下回っている。

乳児は大人より放射性物質の影響を受けやすいとの指摘があり、

厚労省は近く新たに「乳児用食 品」の基準値を設定する方針を決めている。

明治によると、セシウムが検出されたのは賞味期限が2012年10月4日、同21日、同22日、同24日の製品。

日付は缶の底に記されている。明治は国内の粉ミルク販売シェア約4割の最大手。


發表留言